(寺尾さん(仮名)/33歳男性/石川県在住/職業:会社員)

あまり馴染みのない町をぶらりと歩いていると、個人で経営していそうなアンティークショップを発見しました。
アンティークショップの品々を見て回るのが大好きなので、さっそく店内に入ると、時代を感じさせる木で造られた椅子やテーブル、家具など魅力的な品々が揃っていました。
そこに、英国風の時代を感じさせる家具をみたとき、買いたい衝動にかわれました。
値段的には少し高いのですが、小遣いをやりくりすればなんとかなる値段でした。
お財布に余分なお金を持ち合わせていなかったので、クレジットカードで購入しようと思ったのですが、あいにくカードが使えないお店だったので、どうしようかと思ったときにキャッシングだと思いました。近くのATMに行って、キャッシングを行い、現金を入手して、さっそく、そのお店でアンティーク家具を購入しました。本当に、いつどこでほしい商品に出会うわからないものだとつくづく思いました。
やはり、お財布に高額な現金を持ち歩くと、移動中でも財布が気になりますし、クレジットカードが使えないお店もあるので、キャッシングはすぐに現金が手に入ると言う意味ではとてもありがたいですね。
特に馴染みのない場所を歩いて、現金が必要になったときには、キャッシングが可能なATMは至る所にあるので、まるで、いつでも十分な現金を持ち歩いているような気分になります。だからと言って、使い過ぎないように毎月のキャッシング利用額は決めてるようにしています。